Q&A
マンガの(武林風)描き方
その1
画材編


一部で若干の質問があったので、武林の仕事環境(主に画材)

について、お答えしておきます。

弘法筆を選ばず...っていやぁかっこいいんですが、実はあまり頓着が

ありません。(ストックが切れたとき手に入りやすいことが肝心)

だいたい月に80〜100枚描きますから、そういう条件に見合った

こだわりは、それなりにあるんですね。

モノクロ原稿

インクはパイロットの製図

ペン先はゼブラのGが9割、ゼブラのかぶらが1割

ホワイトはドクタ−マ−チンのペンホワイトと普通の修正ペンの併用

紙はエ−ス特製の原稿用紙と ICの135K原稿用紙

ト−ンはアミとスナがIC

グラデがレトラのコミックパタ−ン、IC、ICユ−ス

その他効果 デリ−タ、サムデザインを加えて

ほんと、ありがち、オ−ソドックスでしょ。

カラ−原稿

紙 Tooポスタ−パッド、ワ−グマン、キャンソン、ワトソン

(効果や印刷状況によって使い分けています)

去年から使い始めたタケ・ブリストル

彩色 ニュ−トンの透明水彩

ルマ・カラ−インク(肌、ブル−系のバックなど)

(発色がいい!けど5色用。4色だと逆効果)

ホルベイン・デザインガッシュ(ポスカラと同じ)

コピックとコミックマ−カ−(補色とか細々したとこに便利)

メカノ−マ・スプレ−

とくにカラ−に関しては、武林はまだまだ未熟で、知り合いの女性マンガ家

から、いろいろと教えてもらってるって状態なんですが、

まぁ、カラ−で1日のノルマがだいたい3〜4P、出来上がらなくてはならない

状況なんで、かけた時間のわりにキレイっていうのが、今のとこ理想であり

目標でもあります。

モノクロは、さすがに経験長いですから、ちょっとしたトコロに変なこだわりが

あったりします。

まず、ペンじくはTampopo!

なんだそりゃ?って方がいらっしゃるかもしれませんが、150円前後でわりと

普通の文具屋で売ってる木製の白・赤もしくは白・紺のツ−トンカラ−の

つけペンじくです。

それを長すぎる分を切り取って使ってます。

こだわってるのは、このペンじく<粗悪品>がたまにあって、ペン先のさしこみ

口が自分に<とっても具合良く>ずれているものがあるのです。

ここ10年来愛用してるものは、唯一無二の絶品なんです。

たまに画材屋とか文具屋とかで見つけると、10〜20本買い占めたりして

家に帰ってから、描きごこちを試してみて、

「ああ、また優良品ばっかだぁ」って嘆いていたりしてます。(笑)

ペン先で面白いのは、一括大量生産品にも個性があることです。

通常武林は、2〜3枚ごとにペン先を入れ替えますが、これもごくたまに

廃棄にしたペン先のなかに、復活...というかコシの強いベツモノに

鍛えあがってるものがあったりするんです。

もちろんそこまでの武林の使い方にもよるんだとは思いますが、

そう変身したペン先は、今度は驚くほど長持ちで、また思いど−りの

線がひける、逸品なんですよ。

一修羅場でこういうのに2〜3本あたると、作画ペ−スが大幅に

あがったりします。(逆に1本もないと最悪)

紙は難しいですね〜。

今ICの原稿用紙に慣れてしまったけど、(また他のを試してみるヒマも

なかなかなくて)以前からずっと試行錯誤してるような気がします。

ナ−ル・旧IC・ア−トカラ−と、今のICに行き着くまでいろいろ渡り歩いて

きましたが、また<描き味>が変わったでしょ。

こないだ、ICアレスのインタビュ−取材受けたとき、なんやら現在グレ−ド

アップしたちょい高めの原稿用紙を開発中だとか。

それに今んとこ期待だぁ。


そのうち<ソフト>...つまりネ−ムのつくりかたとか演出のこだわり

なんかについても書きますね。

(−2−以降に乞うご期待)