マンガの(武林風)描き方

その5

パクリとアレンジと・・・

それでもコママンガのすすめ

現在の(少々厳しい状態とはいえ)マンガが、あらゆるジャンルにわたって、ものすっごい数のタイトルがプレゼンされている状態で、絵柄、話、演出ともに完全に、他には例を見ないオリジナルな作品というのは、不可能なのかもしれません。

なのに、そんな同じ条件の中でも、読者にオリジナルとして評価されるものと、パクリとして失笑をかうものとがあるのは、どうしてなのか。そんなことを、ついぞ、考えてしまいます。

私もそうなんですが、ほとんどの方は、マンガを読むと思います。子供の頃、好きなマンガの似顔絵(のようなもの)を描き、描き、描きまくって、気がついたらこのような大人になっていたんですが。たぶん、いや絶対、全てのプロの方も、入り口は同じ様なもんだと思います。

それで、話を、私のような、マンガ好き〜趣味で描く〜同人誌〜運良くデビュー〜さらに運良く続いてるといった感じの漫画家に、絞って続けます。


ちょっとやそっとの絵(オリジだったり模写だったり)が描けて、クラスのダチなんかにほめられちゃったりして、自分でもそこそこ「いける」なんて思っちゃったりして。マン研やら有志の同人なんかで、そのうち本を作ってみるわけなんですね。
ところが、一枚絵のときは思いもしなかった、ある問題が起こってくるんです。
「コママンガって、難しい。描くのがけっこうダルい。」

そりゃそうなんですよね。
自分の今一番描きたいワンシーン・ワンキャラを、ストレートにそのまま描くだけのものと違って、めんどくさいコチャコチャした背景や、描きたいわけではないキャラ、シーンなども、いっぱいはいってくるんですから。
第一に、まっさらの状態から、どのように手をつけたらいいかが、わかんない。一からキャラを立て、舞台設定だの、キャラ相関だの、キャラ背景だの考え、起こしていくのがとてつもなく大変に見えるもんです。

んで、打開策・・・・パクる、という行為に走ったりします。

もちろん、好き勝手に同人誌などで描くマンガに、この手のことは反則でもなんでもないでしょう。
私も盛大に(?)やっていました。だって、早く「描く」作業に移りたいですし、ただの趣味で描くことに、苦しさなんかは求めていませんでしたから・・・ね。
それで、はなっからそういう場合も多いとは思いますが、パロディに走ったりします。
これは、ちょっと病みつきになったりもします。
だって、自分が(あるいは仲間が)いれこんでる設定が、すでにあるわけで、そこに自己満足のシチュエーションをかませてやれば、ほら!なんとなく「いけてる」作品が出来上がるじゃぁないですか。
それで、そこそこ「同好の士」のツボを押さえた、絵柄、シーンなどを身につければ、同人において、ファンなんかがついちゃったりして、続巻を、新作を、とせがまれるようになるんです。

それが悪いとは言いません。
そういう方々の、おかげもあって、このメディアが支えられているわけだし、ひいては、私もメシが食えるわけですから。
ただ、ここからは、オリジナルへのこだわり野郎の考えなんです。

同人誌が、ある程度有名になったりすると、プロからのお誘いがあったりします。
たしかに絵柄は申し分ない。ともすると、同人から数千人のファンをひっぱって来られるやもしれない。ファンは好きな同人作家が、今度は商業誌でも読める、しかもコンスタントに、楽に安価に手にはいる。作家(となる者)にとっては、単行本出して、印税もらって、商業誌にコミケの告知も出せるし、同人誌も更に売り上げのばして・・・
いいことづくめのような「気」がします。

で!
そこで、今度は大変な問題が残るのです。

パロはもとより、パクリもいけない世界が始まるんです。
コンスタント・プレゼンが始まるんです。
どんなに同人誌即売イベントに、まめに出品してる者でも、毎月リリースなんてことは、やってないでしょう。仮に物量的にOKだとしても、当然アマの頃とは違って、編集との打ち合わせやチェックなども入りますし、全ボツ、リテイクなんてのも、決して珍しいことではありません。
かといって、同人誌の頃みたいに、「落としました、すいません」が通用するもんでもありません。

なんだか、こんなに大変な事をやらなきゃなんないんだぞ・・・っていう脅迫、あるいは自分がやろうとしてる事への説教じみた物言いになってきたみたいなんで、ここらでちょっと話の路線を修正します。

つまり、この章で何が言いたいかというと、オリジナルのマンガを創るという事の、面白さをわかっていただけたらなぁという事なんです。

確かに「生みの苦しみ」というものはあるでしょう。

それに、自分がよく目にした、いわゆるプロのマンガのように、上手く描けない・書けないことだってあるかもしれません。

ただし、そこで、だからといって他のプロの作品をパクったりしたとして

「うまぁ〜〜い、プロみたぁい」

などと誉められても、(まぁ、嬉しくないことは、ないかもしれませんが)それ以上の評価も、読後感想も無いわけなんですよね。

ところが、もし自分で考えた話と演出とキャラで、展開する作品ならば、誉めの評価も、けなしも、アドバイスも、何もかもが全て自分から、自分の創ったものから発生するということになるわけなんです。

これは、快感ですよ〜(笑)。

パクリから、アレンジへ、そしてオリジナルへと・・・

でね・・・、たとえば同人誌でのパロディとかにおいても、そこに自分なりの解釈とか、演出とか入っていれば、それはオリジナルへの一歩を踏み出したことにも、なるんじゃないかって考えているわけです。

そこに作者のこだわりが、感じられるわけでしょうから。

そしたら、

次は

遊びごころででもいいから、是非自分のキャラで、話を語ってみてはどうでしょうかね。

大変なぶんだけ、見返り(精神的なもの・・・・ね)も大きいと、私は思うんですけど。

(98/10/8)